【町田商店 仲町台店】本店は町田市ながら横浜家系ラーメン





本店は東京都町田市にある『町田商店

本店の町田にお店を構えてから、今年で10年を迎える町田商店(2018年1月現在)。横浜家系ラーメンのスタイルを持ち、都内19店舗、神奈川県11店舗、シンガポールやアメリカにも進出しており、横浜家系の世界征服進行中なのであります…多分w

その中で、昨年9月に仲町台の温野菜があった場所に町田商店ができました。

結構気になっていたんですが、やっと行くことができました。

 刻み玉ねぎ無料は嬉しい

とはいうものの、基本はとんこつベースであり、醤油、塩のレパートリーがあります。

場所は国道45号線沿いに面しており、駐車場23台。15時くらいに行ったので空いてるかなぁと思っていたら、とんでもないwまさか順番待ちができていたのには驚きました。23台ある駐車場に、空きスペース2台分だけでしたから(笑)

さて、今回注文したのは『ラーメン+のり5枚(トッピング100円)+ライス(100円)』で、麺はかため、味濃いめ、脂多めで注文。

実は前日、「誰だって波瀾爆笑」の番組内で、家系ラーメンの美味しい食べ方を紹介してまして、どうしてもこの食べ方がしたかったのですw

ということで、ラーメン到着!

刻み玉ねぎが無料とあって、店員さんに頼んじゃいましたw

 にんにく5杯としめの生姜

早速、番組内で取り上げられていた「家系ラーメンの美味しい食べ方」を真似てみることにw

まずはトッピングののりの上に、これでもかと言えるくらいテーブルにあったにんにくを入れる。その量山盛りで5杯(おいおいw)。しかもスープに混ぜるのではなく、あくまでのりの上に乗せておくという。でもって、こしょうとゴマをたっぷり振りかけます。

(ここまでくると、もはやにんにくラーメンと言っても過言ではないw)

麺を食べる際に、のりとにんにくを一緒に口へ運ぶと…これが意外とイケる!

濃いめのスープにわずかに浸したのり+にんにくは、ライスとの相性も抜群で、白米がどんどん減っていきます。

食べ終えた後は、これまたテーブルにある生姜をスープに入れて飲むのですが、意外とあっさり飲めてしまいます。

とにかく味変という意味では、最後まで楽しめる内容だったと思います。

個人的には、同じ横浜家系の横濱家や中川家よりは町田商店の方が良い印象です。

 個人的な総評

今回は、食べ方を変えたこともあり、自分の中でも新しい何かが開拓できた気がします。

ということで総合評価は、

★★★★☆ (5段階評価)

番組と同じ食べ方をしましたが、にんにく入れすぎたことで、帰りの車中のにんにく臭はどうにもなりませんでした(笑)

 店舗情報

【営業時間】
全日 :11:00~24:00

【価格】
ラーメン(醤油・塩)  680円
味玉ラーメン(醤油・塩)  780円
ネギラーメン(醤油・塩)  830円
チャーシューメン(醤油・塩)  930円

※2018年1月の情報です