【本枯中華そば 魚雷】最高級本枯節のラーメン






文京区小石川にある中華そば『魚雷』

場所は後楽園駅から約4~5分の場所、通りに面していて、ひと際目を引く看板があるので、すぐにわかります。

いろいろな紹介記事にもありましたが、珈琲サイフォンで本枯節を抽出する珍しいお店です。

結構評価も高めなものが多いので、期待を膨らませ店内へ。

 深みのあるスープが鼻腔をくすぐる

注文したのは、特選本枯中華そば。炭火焼豚2枚と鶏チャーシュー2枚、煮玉子が1個すでに付いていますが、それ以外にトッピングを追加で3種選べます。

私は岩海苔と、うずらのたまご、さらに炭火焼豚を選びました。

トッピングがお洒落なお皿に乗ってくるとは予想外でしたw

ラーメンに乗ってくるんじゃないんですね。この場合、少しだけスープや麺をいただいてから、岩海苔や焼豚を入れて風味を変えることができるので、有り難いです。

さて、そのスープですが、ちょっと一言では伝えきれないくらい深い味が広がります。ベースは煮干しと鰹と醤油なんですが、中華そば特有の醤油っぽさが前面に出ているわけではなく、鶏や豚などの出汁がまろやかに仕上げている感じ…とでもいうのでしょうか!?

これはかなり研究されたスープではないかと思います。

それぞれの旨味が強調しすぎない感じなので、スープは飽きることなく何杯でも飲めそうです。

 麺は北海道麦「春よ恋」が使われていた

麺は細麺なのですが、麺に何か練り込んでいるのがわかりました。

店内を見まわしていると、スープや麺などの詳細が書かれているものを発見!

天然モンゴルかんすいを使用し、北海道麦『春よ恋』のストレート粉に『春よ恋』の石臼挽き粉を織り交ぜていると書かれています。

春よ恋といえば、パンやベーグルにも使われていて、甘味のある小麦の風味を感じることができる材料です。

もちもちとした食感があり、中力粉が多い国産小麦のなかで、数少ない強力粉なんですよね。

するするっと麺が喉を通る感じがいいですね。

あっさりまろやかな感じのスープに、食べやすい細麺から、女性にはかなり高評価の内容ではないかと思います。

個人的には、もう少し量が欲しいという男性的な感想もありますが、味は抜群に良かったです。

 個人的な総評

何よりスープと麺のバランスが最高でした。

ということで総合評価は、

★★★★★ (5段階評価)

まぁ欲を言えば、ボリュームがあれば尚良かったですw

 店舗情報

【営業時間】
全日 :11:00~15:00/18:00~23:00(定休:水曜)

【価格】
本枯中華そば  760円
つけ麺  860円
特選本枯中華そば  970円

※2018年2月の情報です