『ジュラシック・ワールド / 炎の王国』個人評価と映画の見どころ

前作よりも更にスケールアップ!

【ジュラシック・ワールド / 炎の王国|あらすじ】

生きた恐竜が生存し、イスラ・ヌブラル島でテーマパークとして注目されてきたジュラシック・ワールド。

この島で今まさに火山が噴火しようとしていた。
この迫りくる危機的状況に恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。

テーマパークの運営責任者だったクレアは、恐竜行動学のエキスパート、オーウェンと共に、恐竜たちを救うことを決意する。

島へ到着し、数多くの恐竜たちを捕獲することに奔走するが、火山は大噴火を起こしてしまう。

恐竜たちの運命を賭けた究極のアドベンチャーがはじまる!

前作でも、CGを使った迫力ある映像が見事だったが、今作にはCGに頼るだけでなく、際に恐竜のロボットを作り、それを動かすことで出演者の視点や感情表現がリアルに映し出された作品といえる。
壮大な世界を舞台に繰り広げられるドラマは、前作同様に人の目線だけでなく、恐竜目線で見るとより一層深みが出る作品です。

前作と同じような流れ!?

【個人評価】
人間同士のいざこざや、私利私欲が原因からくるトラブルは、毎度のパターンになってしまっている。
その結果、恐竜たちが暴れまくって大惨事になってしまい、オーウェンとクレアが奮闘していくことになる。

島に到着した2人だったが、到着するやいなや、噴火が一気に始まってしまう。
もう少し島でのシーンが欲しかったという気がしてしまう。

前作と比べると、技術は格段に上がったように思えるが、恐竜目線からのシーンなどが少なく、カメラワークみ変化が欲しかったというのが正直な感想。

まぁマイナスな要因はあるものの、恐竜の出現シーンなどは、相変わらずものスゴい迫力でした。


クオリティはいつも以上にあったように感じられ、本当にその場に恐竜が『いる』という錯覚に襲われます。

話的には、意表つかれるシーンもそれほどなく、前のめりになって見るというよりは、どっしり構えて見るといった1本だと思います。

人間と恐竜が共存したら、このような感じになるのかなぁと思わせる作品。

恐竜のパワーは凄いけど、結局人間が1番怖い存在ということを、まざまざと感じさせられました。
人間は、恐竜を保護しようとする好意的な一面もあるけれど、希少種の売買と、DNA操作によって新種を生み出そうとする一面もあるんだということを考えさせられます。

ということでオススメ度、衝撃度、集中力、ストーリー性、キャスティング、それぞれの個人評価の総合は、

★★★☆☆ (5段階評価)

出来は悪くないんですが、前作のほうが良かったかなぁという印象。
なんとなくマンネリ化してしまっている気がしてなりません。
映画の最後は、続編を匂わせる終わり方でしたが、内容も想像できてしまう感じでした。
新たな展開と、意表をつくようなストーリーを期待します。